2016年2月24日水曜日

パクり王 横山緑が再び配信者の企画を事前にパクる

2/24/2016



ネタ切れで怠慢放送が続く横山緑がまたもやらかした。今回は同じ配信者であり、プロ配信者としても名高いティロ・フィナーレ加川氏の企画をパクったというのだ。そもそも横山のパクりは今回が初めてではない。そこで、事件を知らない方のために過去の件も含めてパクりの顛末を語っていく。


横山緑による加川プロ企画のパクり

突発的に企画を始めた横山緑

事の始まりは、横山緑が23時に企画放送を告知したところから始まる。企画はいわゆる長時間外配信モノで、外配信で起きるアクシデントが面白さの基本となるジャンルの配信だ。そこに「右に曲がってしか進めない」というルールを設けることで、マンネリのgdgd配信から抜けだそうという狙いが見られた。

(相変わらず途中でやめられるように「風邪+寝不足」という言い訳をネタに見せかけねじ込んでいたが)



暗黒放送 外配信右曲がりでしか歩けない放送
風邪+寝不足で外配信だ。
ルール
1:一人でやる、馴れ合って他放送主とはやらない。頼らない。
2:古事記禁止
3:朝までやる
4:見てくれてるリスナーに文句をいわない
5:警察の指示には従う

加川プロの抗議

 ①しかしここで物言いが入った。それがこの加川プロのツイートだ。





②そしてこちらがプロがパクられたことを語るブログ記事
「暗黒放送の横山緑がついに企画を丸パクリしだした件について」




③横山が見たであろう2月16日に加川プロが書いたこれからの配信予定記事 
「今後の配信予定一覧と動画更新情報!」



ようするに、2月16日に加川プロが自身のブログ上で今後の企画として「右にしか曲がらずに目的地まで行く」という企画を予定していたのにもかかわらず、横山緑がパクって先に企画配信してしまったということだ。




そもそも横山緑は企画パクりの常習犯である


今回の件が初めてなら初犯ということで許してもいいかもしれない。しかし横山は過去にも他人の企画をパクっているのだ。しかも今回と同じように他配信者が予定している企画を先にやってしまうという悪質なやり方で。。。

石川典行わんこそば事件

それは2013年6月のこと。石川典行が公式HPで予定として記載し、ニコ生の放送でも語っていた「わんこそば大食い企画」があった。ただしこの時点では実際に放送するのは7月を予定しており、店に事前確認を取りこれから準備していくといいう段階だった。

そこで、横山緑(とガジェット通信主催の生主ブロマガ)は先に企画をするどころかそれを配信する店までパクるという暴挙に出たのだ。その後ネタの範疇を超えた行動に対し石川典行サイドは抗議する。

典行「(石川典行公式HPのトップページの)予定に記載があったことは知らなかったと報告が来た。でも公式HP上のお問い合わせから連絡が来たということは、当然知っていたのではないか」

最終的に緑と予定していたコラボ放送から典行が降りるという事態にまで発展したこの事件。今回の加川プロをパクった件によって、過去の横山緑の犯行疑惑が確信に変わった瞬間であったと言えるだろう。



「力也&緑&まーしー わんこそば食べ放題対決」 ニコ生備忘録より

ニコニコ動画】【石川典行】ガジェットわんこそば企画について語る

配信は観察してみません

パクりに関して言えば、シケキノコのウナちゃんマン(佐野智則)モノマネのパクりやよっさんの寿司ランキングをパクるなど数えだしたらキリがない横山(しかもオリジナルよりも劣る)。

せめてパクった配信がより面白いものになるのであれば救われるのだが、それすらないのが暗黒放送を冷ややかな目で見るリスナーが増えた理由のひとつかもしれない。

最近のヌマップ企画でも、自分に逆らわないような人間ばかり集め見世物として動画収益を得るなど資金作りには余念がない。チャンネル会員にぬくぬくと育てられ、ぬるま湯につかった彼と囲いリスナーはそんなことお構いなしに今後もパクり企画で草を生やすのだろうか。やはり彼にはアメだけでなくムチが必要だ。

1 コメント :

  1. トーク内容× 企画力× 容姿× スタミナ× 知能×
    名誉棄損○ 著作権侵害○ 禿げ○ 古事記○ 迷惑行為○ 

    学はネタが無いから、ここも「にこにこ観察したい」のようにdisられるんだろうな。

    返信削除

 

© 2013 配信者カタログ . All rights resevered. Designed by Templateism